ありえない

ほとんど、ありえる話です。

人を助けるとは?

f:id:satou77:20180519234646p:plain

・これは最近の話です。

・最初に言っておきますが、オカルト、ホラー系の話ではありません。でも、怖いといえば怖い話です。

・それでは始めます。

・私は、夜の11時くらいに、ある用事を思い出しました。

・私は、車でそこに向かいました。

・ここは田舎なので、外は真っ暗です。

・細い道を走っていると、道端に、何か不自然な物を見つけました。

・遠くから見ると、大きい袋? いや、人が倒れているようにも見えます。

・私は、車を降りて確認しにいきました。

・人だったらどうしよう…頼む…人じゃないことを祈る。

・めちゃくちゃ怖いけど、さらに近づいて見てみる。

・すると…なんとそれはお婆さんでした!

・大変だ!

・私は、焦りました。というか青ざめました。

・車にはねられたのかな?

・おばあさんは、倒れて目をつむっています。

・知らない人です。

・もう死んじゃってるのかな?

・スゲー怖いけど、無視するわけにはいかないので、私は、大丈夫ですか? と声を掛けてみました。

・すると、お婆さんがパッと目を見開いて素早く立ち上がりました!!!!!

・こわっ!!!!!!!!!!!

・お婆さんは、不機嫌そうに「あんた誰?」と言って私をにらんできました。

・私は、「道端で倒れてるから、心配になって」というような事を言ったと思います。

・すると、お婆さんは、「私は酒を飲んで寝てるだけだよ。いちいち私に話しかけるんじゃないよ、気持ち悪いね」といいました(笑)

・おいおいおいおい、ひどい。

・お婆さんは、酔ってる感じはなく、すでに酒が抜けてる感じでした。

・そして、お婆さんは、不機嫌そうに去っていきました。

・助けようと思ったのに、何かモヤモヤがたまりました。

 

感想

とりあえず事故じゃなくてよかったとするか。