ありえない

ほとんど、ありえる話です。

歯医者といえば…あれ

f:id:satou77:20180507175613p:plain

・数年前の話です。

・ある日、歯の詰め物が取れました。

・そこで、久しぶりに歯医者に行くことになりました。

・いつも思うんですが、歯科助手? 歯科衛生士? って何でみんな美人なの?

・マスク補正で美人なのかな? と思ったけど、合間にマスクはずしてるのを見ると、やっぱり美人。不思議。

・などど考えていると、ふとある事が頭によぎりました。

・それは、治療中にマシュマロが当たる、という都市伝説?です。

(「マシュマロ」と打ち込むのが、面倒なので以下「マ」にします)

・かなり前に歯医者にお世話になったのですが、その時は、「マ」をまったく意識していませんでした。

・今回は、意識してみました。

・「○○さ~ん」

・私の名前が呼ばれました。

・治療が始まりました。

・「マ」来い!

・私は、ちょっと期待しました。

・しかし、なんだ…この空しい距離感。

・まったく「マ」の予感がしません。

・というか逆に、避けられてる感じさえします。

・やっぱ都市伝説だよな…。

・1回戦は私の負けです。(←諦めてない)

・私は、必死に考えました。(←アホ)

・ちょっと今回は、清潔感が無かったかな?

・そして、時は流れ、次回の治療の日がやってきました。

・今回は、清潔感を出して綺麗な格好で行きました。(必死になりすぎだろ…)

・そして、治療が始まりました。

・すると、あれ? なんか距離感が違う…距離が近い。

・そう思った次の瞬間!

・「マ」!!!!!!!!!!!!!

・これは、「マ」!

・間違いなく! 「マ」です!

・間違いありません!

・都市伝説ではなく現実なんです。

・ひゃっほ~!!(←小学生か)

・とまあ騒ぐのはこれくらいにしておいて、一つ困ったことがありました。

・それは、治療中にもかかわらず、半笑いになってしまった事です。(←きもい)

・ツボにはまって、ずーっと半笑いだったで、すごく恥ずかしかったです。


感想
たまたまだと思いますが、相手との距離が近いので、
清潔感はあったほうがいいのかも。