ありえない

ほとんど、ありえる話です。

病院で吸血鬼に血を採取される?

f:id:satou77:20180513111220p:plain

・ある日、私は病院へ行きました。

・何の検査かは忘れてしまったのですが、血を採取しなくてはいけなくなりました。

・血を採ってくれるのは、おばさんの看護師さん。

・おばさんは、顔色が悪く、ちょっと顔が怖いです。

・でも、そんなことはどうでもいい、とにかく早く血を採ってください。

・おばさんは、「それでは行きますね~」という感じで私の腕に針を刺しました。

・ブスッ!

・するとおばさんは、納得いかない感じ。

・「これじゃダメだから注射器でやりますね」

・おばさんは、注射器を持ってくると、私の腕に針を刺しました。

・ブスッ!

・おばさんは、注射器のポンプを徐々に引いていきました。

・すると、血がどんどん注射器にたまってきました。

・私は、「うまくいってよかった」と思いました。

・すると、おばさんは、「だめだ、うまくいかない…」と言いました。

・私は、何がダメなのかな? と思いつつもそこにいました。

・すると、おばさんは別の注射器を持ってきました。

・そして、

・「行きますよ~」と言って、

・ブスッ!

・注射器を、私の腕に刺しました。

・おばさんは、注射器のポンプを引きます。

・すると、血がどんどん注射器にたまってきました。

・今度はうまくいったかな? と思っていると、

・「やっぱりダメだ…」

・おばさんは、そう言って向こうへ行きました。

・私は、どんどん不安になってきました。

・おばさんは、例のごとく別の注射器を持ってきました。

・そして、

・「行きますよ~」と言って私の腕に針を刺しました。

・ブスッ!

・おばさんは、注射器のポンプを引きます。

・またまた、血がどんどん注射器にたまってきました。

・今度は、いける? と思った瞬間。

・「ダメだ…」

・やっぱりダメです。

・私は、何がダメなのかわからなくて怖くなってきました。

・そして、おばさんは、また、新しい注射器を持ってきました。

・当然、私の腕に針を刺してポンプをゆっくり引いていきました。

・血がどんどん注射器の中にたまっていきます。

・その時、私は、おばさんの顔を見てみました。

・すると私は、ちょっと血の気が引きました。

・なぜなら、

・おばさんが、不気味な顔でニヤっと笑ってるんです。

・いや笑ってるだけなら、まだいいんですが、目の焦点が合ってないというか、変なんです。

・すごく不気味で怖い。

・私は、おばさんが吸血鬼に見えてきました。

・おばさんは、また新しい注射器を持ってきました。

・私の腕に針を刺してポンプをゆっくり引いていきました。

・血が注射器にたまっていきます。

・私は、「これ、いつ終わるんだ?」 と不安でいっぱいです。

・全身の血を抜かれるんじゃないか?

・そんな事まで考えてしまいました。

・またダメなのかな? と思っていると、

・「うまくいきましたよ」と、おばさんが言いました。

・なんとか終わったようです。

・それにしても、おばさんの顔、やばかったな。

 

感想

採血しにくい事があるのはわかってるんですが、とにかくおばさんの顔が怖かった。