ありえない

ほとんど、ありえる話です。

介護は狂気の世界 その1

f:id:satou77:20190308213405p:plain

 

 

今回は汚い話です。


・介護って狂気の世界ですね。


・父が脳梗塞で倒れ、半身麻痺になる。一応立ち上がることは可能。


・とはいえ、ほぼ寝たきり。


・生身の人間の刺激が足りないせいなのか、ちょっとづつボケてくる。


・うんち、おしっこはオムツの中でやるだけ。基本的に処理するのは私。サポートは母。


・私「オムツ交換しようね」


・父「うるさい!やらん!」


・とりあえず父を見てみる。ベッドにシーツを敷いて、その上に新聞を敷いているけど両方ともべちょべちょ。


・ズボンもべちょべちょ。


・私「とりあえずズボンをぬこうよ」


・父「うるさい!ボケ!」


・私(たぶん、うんちまみれになってるかも)


・笑顔で強引にゆっくりズボンを下げる。


・うっ! ズボンにうんちがついている。


・すぐに脱がしたいけど、脱がせる時に父の足にべったりつきそうなので、細心の注意を払ってぬがせる。


・私「今は動かないで。足にうんちがつくから」


・父「うるさい!」


・父が足を動かして暴れる。


・父の足にうんちがつく、私の手にもうんちがつく。


・しまった。手袋するのを忘れた。


・父「お前なんて何の役にも立たんな!すぐにどっかに行け!」


・私もどこかに行きたいですよ本当に(笑)


・オムツをあけて中を見てみる。


・凄い。うんちまみれ。下からはみだしてきて、大切な棒もうんちまみれになっている。腰から背中にかけても進出してきてる。


・いつもひどいけど今回は特にひどい。


・これは長い戦いになりそうだ、


・さっそく、透明の手袋をはめてトイレットペーパーで大雑把にふく。


・大切な父の棒が邪魔なのでティッシュペーパーを数枚つかんで棒を抑えながらふく。


・においが凄い。


・正面は大体ふいた。次は背中だ。


・私「ちょっと体の向きを変えて」


・父「嫌だ! 絶対に動かん!」


・私「いやいや、ちょっと向きを変えてくれないとふけないから」


・父「お前のやり方がダメなんだ! 自分でやるからもういい!」


・自分でやるといっても、父は当然何もできない。あたりはうんちまみれになるだけ。それだけは阻止したい。


・父「おい寒い!」


・下を全部ぬいているので当然寒い。


・部屋の温度を上げる。


・部屋の温度がけっこう高くなる。しかし、父は下に何もはいてないのでそれほど暑くはない。


・私(部屋あっち~な。サウナだぞサウナ)


・父の肛門を見ながらうんちがついていないかを確認。


・なんとか強引にオムツ交換を終える。


・そして、父を寝かせる。


・父「おい、暑いぞ! 部屋の温度を下げろ!」


・部屋の温度を下げる。


・そして、10分くらい経過。


・母「お父さん、また何か言ってるよ」


・もう一度、父のオムツを確認。


・またうんちが出てる。


・再びオムツ交換。


・父「またか。お前のやり方が悪いからだ!」


・私「それじゃ、どうすればいいの?」


・父「お前に言ってもアカン!」


・私「いや、やり方を教えてよ」


・父「まずはクツをはかせろ!」


・私「ほうほう」


・父にクツをはかせる。


・すると、父は5秒くらいでクツをぬぐ。


・私「え? 今クツはいたのに、なんでぬぐの?」


・父「このやり方じゃないとダメなんだ!」


・私「????????」


・父「体を起こせ!」


・私「わかった。体を起こすね」


・父「バカヤロウ。体を起こすな!」


・私「え? どっちなの?????」


・父「起こせって言ってるだろ!」


・私「お…起こすんだな」


・父の体を起こす。


・父「寝かせろ!」


・私「え? いま体を起こしたばっかりだよ」


・父「このやり方じゃないとダメなんだ!」


・もうわけがわからん。


・父の体を横にする。


・父「痛い痛い! バカヤロウ!」


・いや、めちゃくちゃそっと倒してるけど。


・意味不明なやり取りを終え。オムツ交換も無事に終了。


・とはいえ、またすぐにオムツ交換地獄が始まる。


・夜中の1時には毎日必ず起される。そしてオムツ交換。


・朝の5時にも毎日必ず起される。オムツ交換。


・ポータブルトイレはあるのだが、フタを閉めたままうんちするし、オムツをぬいだら新しいのをはかないしあってもないようなもの。


・ある日、父がポータブルトイレでうんちをする。フタは…ちゃんととってある。


・大丈夫かな? と思ったら父の様子がおかしい。


・顔が青白い。というか土気色? とにかく生気がない。


・父に話しかけてみる。


・私「ねえ! お父さん大丈夫?」


・父は目が開いているけど、反応なし。


・どうやらうんちで頑張ったので急に血圧が下がったようだ。ぐったりしている。


・ちょうどかかりつけのお医者さんが用事で家に来る。


・医者「トイレで頑張ると、こうなることがある。これは救急車ですね」


・父、病院へ。


・病院から帰ってくる。


・オムツ交換。


・父「もうオムツは、はきたくない!」


・私「はかないと、ぐちゃぐちゃになるよ」


・父「はかん! 絶対にはかん!」


・私が強引に、はかせようとする。


・父、暴力。いたたたた。


・暴力に耐えながら、オムツを強引にはかせようと思っても、暴れる上に意外と力が強くてはかせることができない。


・母「オムツはかないとダメじゃない」


・父「絶対にはかないからな!こんなもんはかなくてもいい!」


・母「も~」


・母、ノイローゼになる。


・こりゃ介護殺人や自殺が起きるわけだ。


・とりあえず、10分ほどほっておいてその後、穏やかになったところでオムツをはかせることに成功。


・疲れた…。


・と思ったら、またトイレに座ってる!!


・オムツは? はいてない!! どこいった?


・ゴミ箱に捨ててある!!


・母は、「もう知らない!!」


・さすがに私もブチ切れそうになる。(こいつ…いいかげんにしろよ…)


・本当にこんな気持ちになる。


・なんとかまたオムツをはかせて、ベッドへ。


・父は、暴れたので疲れたようだ。眠りにつく。

 

・なんとか落ち着いたか。


・雑な書き方になりましたが。毎日こんな感じです。

 

 

 

その他の記事

◆介護は狂気の世界

◆おしっこしてるところを知らない男に凝視される

◆激辛やきそばを食べてから体に異変が…

◆吉野家で…なんでこうなった

◆缶詰のカットトマトの原材料を見たところ

◆めちゃくちゃ怖いネットのアンケート

◆大勢の人の前で年齢をきかれる。

◆鼻水を止める方法を試してみたところ…

◆髪の毛を触ってしまう癖   ◆また地雷の話です。

◆人の中には地雷が潜んでいる  ◆証拠はない。

◆パチンコ屋でおっさんにロックオンされる   ◆地獄の無限ループ

◆飛び石で車のフロントガラスが割れる   ◆私の痔人生の始まり

◆俺の趣味はパンティー集め?   ◆さらば!ガリガリ君!

◆無敵の蚊   ◆耳かきが耳から取れなくなる

◆戸を開けると、そこには世にも恐ろしい生物が

◆中華くらげを食べて全身がしびれる?

◆注文してから料理が出てくるのが遅いラーメン屋

◆変顔をやりすぎて変顔になる  ◆何もない広い駐車場でぶつかる

◆時速51キロで捕まる

◆病院で吸血鬼に血を採取される?  ◆入浴剤で体が緑色に?

◆おじいちゃんを殺しそうになる  ◆胸が詰まって窒息死?

◆床屋で髪を引きちぎられる?  ◆味つきギョーザ?

◆お湯ラーメン?  ◆プチストーカー?

◆気が向いたら開封してみます。  ◆歯医者といえば…あれ

◆粘土の味がする目玉焼き?  ◆トイレで小梅太夫と二人きりになる

◆ベンチプレスで死にかける?  ◆ウォータースライダーで生命の危機

◆卵かけご飯にあれが…最悪  ◆人生初のガチ便秘?

◆牛乳を大量に飲んで地獄を見る   ◆車で嫌がらせされる

◆タバコの灰の味   ◆人を助けるとは?